介護士転職

介護士転職の最適なタイミングとは?円満退職する方法

転職のタイミングというのは、どの職種においても重要なポイントですよね。辞めると決めたとしても、それまで一生懸命働いた職場なので、なるべく円満退職できるように努めましょう。

今回は、介護士転職をする最適なタイミングや円満退職のコツ、やるべきことなどについてまとめてみましたので、これから準備に取り掛かる方は、必見です。

介護士転職を始める時期と円満退職のコツ

介護士転職を始めるベストなタイミングはいつ頃なのか、円満退職するにはどうすれば良いのか、疑問もたくさんあることと思います。詳しく見ていきましょう。

1.退職を申し出る時期は2~3ヶ月前がベスト

職場によって退職届の期限は様々です。退職希望日の2ヶ月前の会社もあれば、2週間前の会社もあります。

ただし、この期日に間に合えば良いという訳ではありません。適切な人員配置などの問題もあるので、急に退職を申し出るのは、迷惑をかけてしまいます。

そのため、2〜3ヶ月前に言うのがベスト。あまり早過ぎてもその後も働き続けることになるので、早過ぎも厳禁です。

2.繁忙期や人手不足の時期は避ける

どんな仕事にも、繁忙期がありますよね。人手不足になってしまう期間が生じることもあります。

そういったタイミングで退職を申し出ると、自分勝手だと思われてしまう可能性が非常に高いです。比較的余裕のあるタイミングを狙って切り出すようにしましょう。

3.一番最初は上司に報告

次の転職先が決まったことを同僚に話してしまうと、上司の耳に入ってしまうこともあります。直接伝えていない状態で、退職の話が一人歩きすると、上司も良い気持ちはしませんよね。

まず最初に伝えるべきなのは、上司です。言い出しづらい話にはなりますが、電話やメールではなく、直接伝えるようにしましょう。忙しい時間帯に声をかけないように気を付けてください。

4.引継ぎはしっかりと

ギリギリにならないタイミングで退職を申し出るというところにも繋がってくるのですが、退職日までの期間に、引継ぎをしなければならない業務もあるでしょう。

引継ぎの時間が取れないと、後々のミスの原因にもなりかねません。退職して職場からいなくなった後に、自分の責任にされても困りますよね。

引継ぎのスケジュールを立てて、書面に残すなど、最後まできちんと責任を果たすように心がけてください。

5.辞めた後も会社の愚痴は心にしまっておく

辞めた職場に勤めることは、ほぼないでしょう。しかし、その職場で知り合った人との繋がりは、不思議と残っていることもあります。

その当時、感じていた愚痴もたくさんあるとは思いますが、口外しないようにしましょう。
悪い噂ほど広まりやすいですし、話をねじ曲げられる可能性もあります。円満退社できた後も、油断は禁物です。

転職のベストタイミング

  1. 求人が増える時期
  2. 3ヶ月働かなくても生活できる分のお金がある
  3. 働く環境に変化があったとき(制度や異動など)

転職をはじめるベストなタイミングはいつでしょうか?タイミングを逃すと、後々後悔してしまうこともあります。ベストタイミングとして、以下3つ挙げてみました。

1.求人が増える時期

求人が増える時期は、求人情報がたくさんあるので、転職もしやすくなります。3〜4月、9〜10月といったキリの良いタイミングが良いでしょう。

どこの会社でも辞める人が多い時期になるため、一気に求人情報が増えます。

2.3ヶ月働かなくても生活できる分のお金がある

転職が上手くいって空白期間がないことがベストですが、そうはいかないケースもありますよね。自己都合で仕事を辞めると、失業手当が支給されるにも3ヶ月の待機期間があります。

退職後最低3ヶ月くらいは働かなくても生きていけるだけのお金を確保しておくようにしてください。

3.働く環境に変化があったとき(制度や異動など)

会社の制度が変わったり、人事異動があったりと、働く環境に変化が生じることがありますよね。こういった変化は、実はチャンスでもあります。

変化を受け入れやすい体制が整っている時の方が、スムーズに転職活動ができる傾向があるので、良いタイミングと言えるでしょう。

円滑に転職活動を行うためにするべきこと

  1. 職場の雰囲気などの情報収集
  2. 転職条件の優先順位を決めておく
  3. 複数の介護士転職サイトに登録
  4. 転職エージェントに相談

転職するからには、新しい職場で長く働くことを前提にしていますよね。そのためにも、事前の情報収集が大事になってきます。

スムーズに転職活動を進めるために、やるべきことがありますので、確認しておいてください。

1.職場の雰囲気などの情報収集

人間関係や会社の風土など、事前に集められるだけの情報を収集するようにしましょう。

転職した後に、こんなはずではなかったとギャップを感じても遅いので、注意が必要です。自分のイメージに合う職場を探すというのは、長く続けるためにも大事なことと言えます。

2.転職条件の優先順位を決めておく

これだけは譲れないという条件は、人それぞれです。給与やボーナス、休みの乗りやすさ、働き方、雇用形態など挙げればキリがありません。

それらの転職条件を全て満たすのは、ハッキリ言って難しいです。優先順位をつけて決めておけば、迷っ時に決断しやすくなるので、あらかじめ自分の中での基準を定めておくと良いですよ。

3.複数の介護士転職サイトに登録

  求人数 エージェント 特徴
スマイルSUPPORT介護 約9万6,300件 最大級の求人数
マイナビ介護職 約3万件(非公開あり) 介護職の専門家が徹底サポート
きらケア 約5万6,000件 日勤メイン・土日休みの求人も
かいご畑 約1万100件 資格を無料で取得可能な制度あり
介護求人すぐみつかるナビ 約5万件 スカウト制度あり
リッチマン介護 非公開 交通費・お祝い金支給あり
しろくま介護ナビ 非公開 独自基準で厳選した施設のみを紹介
ケアキャリサーチ! 約2万6,000件 地図から求人を探せる
カイゴジョブ 非公開 転職フェアを実施している
クリックジョブ介護 約1万件 LINEでの転職相談ができる
ファーストナビ介護 約1万2,000件 地域密着型で地方にも強い

介護士転職においては、専門の転職サイトに登録することが必須です。登録数に制限はなく、料金もかからないので、気になるサイトには複数登録しておくようにしましょう。

なるべく多くの情報を集められるように心がけてください。

4.転職エージェントに相談

転職サイトに登録をすると、転職エージェントのサポートを受けられるようになります。転職エージェントは、転職のプロなので、1人で活動をするよりも効率的です。

面接の調整や履歴書、職務経歴書の添削もしてくれるので、頼りになるでしょう。

介護士転職したい!でもうまくいかない!そんなときはコンサルタントに相談がおすすめ介護士転職の希望を持っていたとしても、なかなか上手く行かずに壁にぶつかることもあります。決して恥ずかしいことではないのですか、誰にも相談...

まとめ:介護士が転職する最適なタイミングはボーナス支給月後

介護士転職を考えるなら、人手不足になりがちな7〜8月、1〜2月あたりがおすすめです。ボーナスをもらった後は、辞める人が多いので、この時期は求人情報も多くなってきます。

逆に、年末年始やお盆の時期は転職活動には向いていないので、ご注意ください。

ABOUT ME
ゆきみ
夜勤メインで介護士をしています。