介護士転職

介護職の定年は65歳!派遣やバイトは何歳でも働けます

一般的な企業の定年は、60歳のところが多いです。介護職の定年は65歳なので、長く現役を続けることができます。更に、派遣社員やアルバイトなどの雇用形態であれば年齢制限はありません。

定年を迎えた後に転職される方もいらっしゃいます。働き方だけではなく年齢も選べるので、大変な仕事ではありますが柔軟な対応ができます。

今回は、定年を迎える年齢の方だけではなく、将来のことが心配な方などに是非読んでいただきたい内容になっています。

介護職の定年は正社員なら60歳から65歳

正社員として介護職に就いている場合、定年は60歳から65歳が一般的です。年金がもらえるようになるのは、通常65歳からになるので、老後の生活の負担も軽くなりますよね。

一般企業でも定年後の再雇用を実施している会社もありますが、収入は一気に下がってしまいます。60歳以降も正社員として働ける環境があるというのは、心強いですよね。

60代無資格未経験でも介護職なら働ける理由

  • 派遣・アルバイトなら定年の上限なし!
  • 60代で介護職に転職しても失業の心配なし!
  • 仕事内容が豊富!

資格がないと働かないと思われがちな介護職ですが、無資格未経験でも働くことが可能なんです。たとえ60代であっても採用してくれる就業先はたくさんあります。

有資格者が優遇されたり、資格があっても経験がないと転職が難しいこのご時世に、一体何故そのような条件で働くことができるのでしょうか?

派遣・アルバイトなら定年の上限なし!

正規雇用の場合は、年齢の上限に差はあるものの必ず終わる時が来ますよね。しかし、派遣社員やアルバイトであれば定年の心配はありません。

60代という世代は、働き盛りとまでは言いませんが、まだまだ現役で働ける体力がある方がほとんどです。

そういった方々が介護職には求められているので、資格や経験がなくとも採用してもらうことができるんです。

60代で介護職に転職しても失業の心配なし

介護職は、常に人手不足なんです。資格や経験がなくても、働く体力さえあれば働き口はいくらでも探すことができます。

60代で転職をしたとしても、そこで知識と経験を積んで、更に資格も取得できれば失業してしまうという心配もありません。

仕事内容が豊富

入浴や排泄のお世話などは、肉体労働に近いものがあるため、体力に自信がないと難しいかもしれません。代わりに薬を取りに行ったり、食事作りをするなどのサポートをするような仕事もあります。

仕事の内容が豊富なので、できるところから始めることができるのも介護職の良いところと言えるでしょう。

60代からの転職は求人サイトと介護転職エージェントがおすすめ

60代以降の方が一念発起をして介護職に就こうと決めた場合、どのように仕事探しをするのが良いでしょうか?

おすすめは、求人サイトと介護転職エージェントです。サポート体制が整っている転職サイトをご紹介します。

スマイル SUPPORT 介護

介護職求人数 約9万6,300件
介護職求人エリア 関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、
関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山、奈良)、
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
就労形態 正社員、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣、パート・アルバイト
エージェントの有無
こんな人におすすめ 夜勤希望、扶養範囲内、未経験者

首都圏で介護職をお探しの方には、こちらのサイトがおすすめです。求人数は首都圏最大級なので、希望の条件にマッチする求人情報がきっと見つかるでしょう。

エージェントが親身になって対応してくれるので、転職活動中も1人で悩む必要はありません。転職において最も気になる給料や休暇のことなどの交渉まで行なってくれますよ。

納得のいく転職活動のサポートをしてくれるので、自信を持っておすすめします。

スマイルSUPPORT介護の詳細はこちら

マイナビ介護職

介護職求人数 約3万件(非公開あり)
介護職求人エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・
岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫他
就労形態 正社員・契約社員・パート
エージェントの有無
こんな人におすすめ 忙しくて転職活動がままならない方

首都圏や関西、中部の求人情報を多く持っています。

また、エージェントが転職活動をフルサポートしてくれるので、面接対策や職務経歴書なども1人で行き詰まる心配がありません。

また、マイナビ介護職ではむやみやたらに求人情報を掲載するのではなく、定着率が低い施設や医療機関は紹介しない方針を取っています。

非公開の求人情報も多いので、まずは登録をしてみると良いですよ。

マイナビ介護職の詳細はこちら

介護士求人【きらケア正社員紹介】

介護職求人数 約5万6,000件
介護職求人エリア 北海道・宮城・群馬・埼玉・東京・千葉・神奈川・
静岡・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・奈良・広島・福岡・佐賀
就労形態 正社員
エージェントの有無
こんな人におすすめ 他の介護転職サイトで上手くいかなかった方

首都圏の他、福岡、愛知、大阪の求人情報をメインに取り扱っています。

日勤中心、土日休み希望、給料は月収30万円以上などの嬉しい条件の求人情報もあるので、今現在の待遇に満足していない方にもおすすめです。

取り扱っている求人数も多いので、チャンスもその分広がるでしょう。

エージェントが細かいところまでフォローしてくれるので、就職後のギャップも少ないということで人気があるサイトとなっています。

きらケアの詳細はこちら

60代からの介護職への転職のコツ

  • どういった施設等で働くのか決めておく
  • 働き方について考えておく
  • 資格取得を目指す

まだまだ働くことができる60代という世代ですが、転職は慎重に行なう必要があります。

決まってもすぐに辞めてしまったり、転職癖がつくようになると、その後の転職活動にも影響を及ぼしてしまうこともあります。

この年代の方が介護職に転職する際のコツについても触れておきますので、転職を成功させるためにも、是非ご一読ください。

どういった施設等で働くのか決めておく

介護職と言っても、働く先が病院だったり個人のお宅だったり、施設だったりと様々です。

周りと信頼関係を築きながら協力して働くのか、訪問介護で黙々と働くのか、イメージして決めておくようにしましょう。

働き方について考えておく

介護の仕事は、24時間365日フル稼働しています。そんな中で、自分も夜勤をするのか、土日出勤をするのかといった働き方について考えておきましょう。

特に夜勤は重要なポイントです。

夜勤ができる方が仕事も決まりやすいのですが、いざ働き始めるときつかったということも少なくありません。

長く続けるにはどういった働き方が良いのか、決めておくとスムーズです。

資格取得を目指す

無資格未経験でも求人情報は数多くあります。やはり有資格者の方が優遇される部分もありますし、採用側も安心できる材料になるでしょう。

働きながらでも取得できる資格もたくさんあるので、長く働くためにも資格取得を意識するようにしましょう。

まだまだ働ける!失業の心配なしの介護職へ

最近の60代は、昔とは違ってまだまだ働ける体力があります。その年齢でいざ転職活動を始めようと思うと、つまずくことも多くあるでしょう。

失業する心配がない介護職への転職がおすすめですが、まずはサイトに登録するところから始めてみてはいかがでしょうか?

ご自身の希望とマッチする就業先を見つけるためにも、まずは介護職エージェントがいるスマイルSUPPORT介護マイナビ介護職に登録することをおすすめします。

これから資格を取って経験を積んでいけば、長く働くことができますよ。是非、この機会に介護分野に挑戦してみてください!

ABOUT ME
ゆきみ
夜勤メインで介護士をしています。