介護士転職

介護の退職理由は面接でストレートに伝えてはダメ!辞めた理由と転職方法

介護のお仕事というのは、想像を絶する大変さがあります。そのため、退職をしてしまうというケースも珍しくはありません。一旦職場を離れても、また次の就業先を探すことになるでしょう。

そんな時、面接で前職の退職理由についても必ず聞かれます。しかし、その場でストレートに理由を伝えることはおすすめできません。ありのままを伝えない方が良いこともあります。

では、こういった場合どのような対応をしていけば良いのでしょうか?

介護関係の方が退職をする理由やその後の転職方法についてまとめていますので、少しでも有利に転職活動をするための参考にしていただけると幸いです。

介護職を辞めた理由は人間関係が多い

  • 人間関係
  • 運営方法に不満
  • 収入が少ない
  • 結婚や出産など

介護職の退職理由のトップに人間関係があります。もちろん、理由はそれだけではないことがほとんどです。

詳しく見ていきましょう。

人間関係

どこの職場にも共通して言えることですが、人間関係に不満があると仕事は続けづらくなっていきます。

介護職の場合は、同僚というよりも、上司との人間関係に悩むことが多い傾向にあるようです。

割り切って一人で黙々と仕事ができるような内容ではないため、不満も蓄積されやすく最終的に退職という形を取る方が多くなっています。

運営方法に不満

運営理念や運営方法などは、会社によって様々です。

たとえば、人手不足を理由に新規でどんどん採用したり、新しい施設を増やしていったりなど、一見は良い対応のように見えます。

実態としては新人を育てる体力がなく残業が続くことも増えてしまいます。新しい施設にも人を取られ、悪循環に陥った結果、運営方法に不満を持つようになるという訳です。

収入が少ない

介護の仕事は、生半可な気持ちではできません。それだけ過酷で重労働です。

それには到底見合わないような低賃金であることもあります。

労働力をお金という対価で補えなくなると、不満を感じて退職するケースも増えています。

結婚や出産など

介護職に就いているのは、女性の方が多いというデータがあります。結婚をしてパートナーの方が転勤になったり、通勤が不便になることも少なくありません。職場まで通いづらくなると辞める方が多いのです。

結婚後も頑張って続けたとしても、妊娠となると更に難しくなってしまいます。介護は力仕事も多いため、妊婦さんが働く環境には適しておらず、辞めるというケースもあります。

介護士転職の面接で退職理由をポジティブに変える方法

  1. 資格取得を目指したい
  2. これまでの経験を生かして違う施設でも働いてみたい
  3. 自分の得意分野をさらに活かしたい

介護士の転職理由は、どれも納得できるものばかりです。

しかし、それらの退職理由を面接でストレートに伝えてしまうと、採用してくれる企業はほぼないと言っても過言ではありません。

それでは、ポジティブな言い方に変えるとどう伝えることになるのでしょうか?

1.資格取得を目指したい

せっかくの介護士としての経験があるのであれば、それを証明するためにも資格取得は良い方法と言えます。

一旦退職という形を取って自分を見つめ直す機会を作り、新しいことへ挑戦したいという気持ちをぶつけると、心象も良くなりますよ。

2.これまでの経験を生かして違う施設でも働いてみたい

訪問介護やケアタウン、有料老人ホーム、病院など介護を必要としている施設は多岐に渡ります。

これまでに勤務していた施設とは違う形態の就業先を探すことで、更なるスキルアップをはかれることは確かですよね。

そういった話をしてみると、チャレンジ精神をアピールすることができます。

3.自分の得意分野をさらに活かしたい

退職の際、やりたい仕事を任せてもらえなかったということもあったかもしれません。

思うように働けなかったことをそのまま伝えるのではなく、自分が得意としている分野を仕事に生かしたいということを伝え、ステップアップの意思があることを伝えてみましょう。

介護職転職エージェントは退職サポートもしてくれる

介護施設の人手不足は深刻な問題になっています。ブラック企業化しつつあるため、労働条件や環境が悪いと、求人情報を流してもなかなか採用に至らないこともあるんです。

在籍している介護士を手放したくないということもあり、退職させてくれないというケースも。

そんな困った状況の中でも、何とか合意退職に持ち込めるようにエージェントがサポートしてくれます。外堀を固めながら、慎重に進めてくれるので、安心ですよ。

介護職転職エージェントにすべておまかせも注意が必要

転職サイトも、要は人材紹介会社である訳ですから、転職してくれる人がいないと商売が成り立ちません。会社によって異なりますが、ノルマが設定されていることもあります。

エージェント自身も、自分の抱えているノルマを達成すべく無理やり転職を勧めてくることもあるため、一任してしまうのは危険です。

スマイルサポート介護とマイナビ介護職であれば、求人数も豊富に持っており、ベテランのエージェントが親身になって対応してくれます。

実際に利用した方の満足度が高いことが、それを表していると言えるでしょう。

介護職の転職は複数サイト登録がおすすめ

介護士の転職は、求人数が首都圏最大で幅広い勤務形態から選択できる『スマイルSUPPORT介護』、履歴書の添削や面接対策などフルサポートの『マイナビ介護職』に登録します。

サブで2~3サイト登録したあとに転職活動を始めるのが王道の方法です。

上記2箇所とも介護士転職エージェントがついているので、なんでも相談しやすく、転職もスムーズにいきます。

スマイル SUPPORT 介護

介護職求人数 約9万6,300件
介護職求人エリア 関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、
関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山、奈良)、
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
就労形態 正社員、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣、パート・アルバイト
エージェントの有無
こんな人におすすめ 夜勤希望、扶養範囲内、未経験者

職務経歴書や履歴書の書き方、面接対策など手厚くサポートしてもらうことができるので、初めて転職活動をする方でも安心です。

求人数も多く、非公開で好条件の情報も持っているので、納得のいく就業先が見つかるでしょう。働き方や施設の形態、職種も幅広いので、選択範囲も広がります。

スマイルSUPPORT介護の詳細はこちら

マイナビ介護職

介護職求人数 約3万件(非公開あり)
介護職求人エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・
岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫他
就労形態 正社員・契約社員・パート
エージェントの有無
こんな人におすすめ 忙しくて転職活動がままならない方

大手企業でもあるマイナビが運営しているサイトなので、安心して利用することができます。求人情報の保有数も業界トップクラスです。

常勤はもちろん、非常勤希望の方にもおすすめですよ。エージェントが手厚くサポートしてくれるので、活動もスムーズに進めることができます。

マイナビ介護職の詳細はこちら

退職理由に悩んだら転職エージェントに相談しよう

次の就業先を見つける際の面接で、退職理由は高い確率で聞かれるでしょう。

そんな時は、ありのままを伝えるのではなく、前向きな言葉に言い換えると印象も良くなります。分からないことがあれば、転職エージェントにどんどん相談してみてくださいね!

ABOUT ME
ゆきみ
夜勤メインで介護士をしています。